臨床心理iネットでは、広く一般市民社会および臨床心理サービスに係わる方々に対して、コミュニティの構築、情報の共有、サービスの提供、人材の育成等に関する事業により、メンタルヘルスの普及と促進を実現します

企画趣旨 – 公認心理師の時代に向けて「認知行動療法を学び、磨く」研修会

  • HOME »
  • 企画趣旨 – 公認心理師の時代に向けて「認知行動療法を学び、磨く」研修会
本研修会において、後日資料を当ホームページ経由でダウンロード可能にするとお知らせしました。来週(7月24日スタートの週)に掲載・ダウンロード可能する予定で作業をしております。ダウンロード可能になった際には、メールなどでもお知らせしますのでお待ち下さい

今年(2017年)9月には、公認心理師法が施行となります。公認心理師法成立の背景には、メンタルヘルス関連領域においてチーム・アプローチが必須となり、その中で心理職の役割が重要性となっていることがあります。認知行動療法は、多職種協働のチーム・アプローチで第一に必要となる心理技法です。

そこで、本研修会では、我が国の認知行動療法の第一人者である大野裕先生をメイン講師としてお招きするとともに、認知行動療法の基本を学ぶ初級者から、応用技術を磨きたい上級者まで、様々なレベルの認知行動療法の学習機会を提供します。

医療・保健だけでなく、学校・教育、福祉、司法・矯正、産業等の領域で活動する心理職(臨床心理士やスクールカウンセラー等)、さらには心理職と協働する医師、看護師、教員等の他専門職の皆様にも多くご参加いただきたく思っております。

⇒参加される心理職の方で、以下の資格に該当される方は、こちらの「臨床心理フロンティア」の無料eラーニングシステム  において、関連科目の事前学習をして来られることを強くお薦めします。

プログラムページに戻る

 

PAGETOP

Copyright © 一般社団法人臨床心理iネット All Rights Reserved.